特殊建築物等調査資格者

Pocket
LINEで送る

試験内容

1:建築学概論 2:建築構造 3:防火・避難 4:建築基準法令の構成・概要 5:特殊建築物等調査業務基準 6:特殊建築物等定期調査制度総論 7:特殊建築物等の維持保全

受験資格

1:建築行政に関する実務の2年以上の経験者

2:建築に関する実務の11年以上の経験者

3:3年制の工学に関する短大を卒業後、3年以上の実務経験者

4:2年制の工学に関する短大を卒業後、4年以上の実務経験者

5:工学に関する高校を卒業後、7年以上の実務経験者

6:甲種消防設備士として、5年以上の実務経験者

7:防火対象物点検資格者として、5年以上の実務経験者

8:消防吏員として、5年以上の火災予防業務実務経験者

9:大学の建築・土木等に関する課程を修め卒業後、2年以上の建築の実務経験者

試験地

東京都、大阪市、名古屋市、福岡市

試験月

9月~12月

受験料

47,000円

問い合わせ

日本建築防災協会

〒 105-0001

東京都港区虎ノ門2-3-20 虎ノ門YHKビル8F

TEL 03-5512-6451

SPONSOREDLINK